海外取引をサポート

PCと荷物

実務経験が問われる

貿易事務は、海外の取引先との間に生じる輸出入に関する事務手続きを担当します。今、日本のあらゆる企業は国内だけでなく海外企業と取引を行っています。これを円滑に行うには、貿易事務の仕事は大変重要です。このようなことから、企業における貿易事務の需要は今後ますます高まると考えられています。とはいえ、貿易事務はすぐに誰もが簡単に担当できる仕事ではないのです。海外との取引とあって、共通語である英語は必須です。また、輸出入に関する法律や通関手続き、外国為替等の専門知識がなくては正しい事務処理が行えません。さらに、国内および海外には多数のライバル企業があるだけに、取引の迅速さが重要視されます。貿易事務の仕事ぶりが、場合によっては取引の成功を左右するケースもありえるのです。貿易事務を目指すには、先に上げたようにまずは英語力をつけることが必要です。大学の新卒での就職希望者の場合は、貿易系や商社、メーカー等の会社を目指し、海外取引関係の部署に配属されれば、この仕事に必要なスキルを一から学ぶことが可能です。しかし、転職等の場合は即戦力が期待されているため、実務経験がない未経験者が正社員として採用されることは難しいでしょう。ただし、需要が高く供給が追いついていないと言われる貿易事務を求める企業は多く、そのためこの仕事に強い派遣会社は企業から高い注目を集めています。そこで貿易事務を目指す未経験者は、まずこのような派遣会社に登録することが夢に近づく早道と考えられています。商社等の企業に派遣社員として勤めるうちに、貿易事務に必要なスキルを積み、その実務経験により将来的には正社員として就職することが可能になるでしょう。

Copyright© 2018 貿易事務で働くためには【英語を使ったコミュニケーションが必要】 All Rights Reserved.